計画を立てることビジネスや終活でも重要

ビジネスでも終活でも計画を立てることがとても大切です。

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

私が新入社員だった時に、当時、1つの支店を任されていた支店長がみんなの前で社長に怒鳴られていた現場にいたことがあります。私自身は怒鳴られていた支店長の支店ではなくその方がどのような方なのかはわかりませんが、下を向いて『申し訳ございません』とつぶやく事しかできておりませんでした。

どうやら、業績が悪かったようで、その支店だけが赤字だったようで、社長からの総攻撃を喰らっておりました。今の時代ですと、パワハラやら何やらと言われかねない事態かもしれません。

しかし、その時は気づきませんでしたが、今思うと、社長の頭の中では意外にも冷静だったように思います。何故ならば、社長は怒鳴り散らしながらも『計画通りことを進めていれば目標に達成できるだろう?』と言う言葉を何度なく使っていたからです。

その時は、『計画通りと言っても、未来のことはわからないじゃないか?』とただただ怒鳴り散らしているのだとばかり思っておりました。しかし、ビジネスにおいて計画を立てるということはとても重要だということに気付かされたのは、お恥ずかしながら20代の後半くらいだったと思います。

私も独立したいという思いが芽生えた時に、ある後輩に『事業計画とかは作っているのですか?』と言われた時でした。計画と言ってもやってみないとわからないよと心の中で思いつつも、その後輩は私の心を見透かしたように『やってみないとわからないのは重々わかってますが、作らないとダメなんです』と続けました。

そして、事業計画について調べましたが、作れば作るほどに、どうやってお客様を連れてこようか、どうやってお客様に知ってもらおうかとシミュレーションすればするほど計画が立たずに不安になりました。

 

そして、計画をたてるということがどんなに重要なことなのかを知りました。事業計画というのは未来のことを計画するものです。だから、ある程度こうなりたいという目標があって、その目標を達成するにはどうしたら良いのか?そして、ビジネスである以上どのくらい儲かるのかを知ることができるからです。

そして、私のビジネスでもあります、『終活』計画がとっても大事なのです。多くの方はエンディングノートを書くことを、終活においての計画だと思ったでしょう。しかし、既存のエンディングノートの要素に、プラス自分が将来どうなりたいのかを書き記す部分と家族との関係性も書き足しておくことが必要だと思います。

終活における計画も未来のことです。将来どうなりたいかを計画して、その目標に向けてどんな努力をするのかが、終活において一番大切なことだと思います。以前、高齢者に対して『残りの人生をより良く生きるため』などと言っておりましたが、残りの人生は高齢者だけのものではなく、むしろ、若い世代がこういった時代だからこそ考えるべきことだと思うのです。

ビジネスでも終活でも計画を立てることがとても大切であり、この計画を立てることとその目標に向けてどのような努力をするのかが『人生をより良く生きる』ためには必要なのだと思うのです。

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

※葬儀代金の相場・お墓の料金・撤去の相場・お布施についての質問など、供養の聞きづらいことなんでもご相談ください!!

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/405748342931971/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>