母の日にありがとうを添えて

母の日にオンライン帰省!?感謝の言葉を伝えるために勉強しよう!!

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

昨日は、母の日でしたね。あなたはお母さんに何かされましたか?

母の日と父の日というとてもわかりやく感謝の気持ちを親に伝えることが出来る日はないですよね。感謝の気持ちを親に伝えることって日頃からなかなかできることではないですよね。そして、日本語の中では一言で色々な意味を集約している言葉があります。それは『ありがとう』です。

その一言を告げるだけでも親からすればとても嬉しいことだと思います。私はそれでも恥ずかしがり屋なので、私は母に日頃の感謝の気持ちをこめて、母の好きな甘いものを何点か買って『ありがとう』を言いやすくしました。

今年はGWに予定していた実家へ帰省が叶わなかった人も多くいるのではないでしょうか?メディアではオンライン帰省といってZOOMなどでオンラインで繋がり、近況を話し合ったりするというのが流行っているそうです。

テレビ番組でも今年は帰省せずにオンライン帰省にして外出を自粛しているという方が番組に出演してました。しかし、その番組内でZOOMでのオンライン帰省をやっているのは、ほとんどが20代の子どもと40~50代の親という組み合わせでした。

やはり、若い世代はこのような新しいものを受け入れるスピードがとても速いですよね。また、20代の子どもがいる親御さんも子どもに教えてもらいながら、若い世代の流行について行こうという意欲がある人は、勉強したり受け入れたりできると思うのです。

しかしながら、オンライン帰省を本当にやって欲しいのは、子どもが50~60代の方がその親御さんに対してではないでしょうか?

ZOOMなどのセミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリを使うことは、何も若者だけのものではないと思うのです。

また、ZOOMなどはこのコロナ禍の中、帰省だけでなく、営業に出かけたり、会議に出席したりすることを自粛しているので、ビジネスマンがオンライン会議やオンライン相談などを開催し、外出を自粛ている期間の新たな働き方だと思います。

しかしながら、若者はすぐに受け入れて取り入れている『テレワーク』や『リモートワーク』を本当に必要としている50~60代の方が受け入れらていないという現実がこのコロナの影響で浮き彫りになっているのです。

50~60代の方が役員や上席としている会社は、『テレワーク』や『リモートワーク』は難しいものと勝手に思い込み、ZOOMなどをやりもせずに、勉強することもなく、『わが社はテレワークができない業種』と勝手に思い込んでいる会社は少なくないのではないでしょうか?

そんなこと言わずに、ZOOMやってみたらどうでしょう?そして、勉強して自分の親御さんに使い方を教えてオンライン帰省をやってみたらどうでしょう?

おそらく、このコロナの影響で働き方だけでなく、色々なことが変化してくると思ってこの緊急事態宣言は過ごしませんか?

母の日に感じた印象は、コロナウィルスに感染している方が東京都で100人を下回っている日が続いているからなのか、街にはマスクもせずに歩く人たちを何人も見つけました。まだ終息した訳ではない今回のコロナウィルスの猛威。万が一、終息しなかった場合に、ZOOMくらい使えないと仕事できないと気づいても遅いのです。

ということは、今年の母の日、そして翌月にやってくる父の日に、ZOOMなどを使って親御さんに『ありがとう』を言ってみたらどうですか?

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/405748342931971/

 

※葬儀代金の相場・お墓の料金・撤去の相場・お布施についての質問など、供養の聞きづらいことなんでもご相談ください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>