舌を出す女

漢字からわかる、意外と大事な『舌』について

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

漢字は魅力的な文字だと私は思っております。漢字から伝わる強さや弱さなどのあらゆるイメージを小学生の頃からしておりました。大相撲などの取り組み表を見ると筆文字でかっこよく四股名を漢字で書いているのを見るたびに、文字を広告の裏に書いたり、意味を調べたりしておりました。

そんな中、認知症予防の一環で口の体操をしている方にお話しをお聞きいたしました。その時に、漢字に絡めてお話し下さったので、とてもわかりやすかったのです。口の体操は認知症の予防対策として、先ずは顔や口を動かすことが大事とお話しされておりました。脳の健康をうながす作用から認知症予防の現場でも採用されていると言います。

また、顔や口を正しい形にして『あいうえお』が言えないと滑舌の悪さに繋がると言います。滑舌が悪くなるということは、顔や口が動いていない可能性があります。私の父も脳梗塞で入院した際には、『あいうえお』を正しい形で話す訓練をしておりました。

そこで、注目して欲しい漢字は『舌』という漢字なのです。介護のプロから言わせると『舌』はとても重要と言います。お話しする力はもちろん、滑舌やゴハンを飲み込む力など『舌』が大きく影響している事って多々あるのだそうです。

『舌』がどんなに重要なのかを漢字で表現すると、よく噛んでゴハンを食べる事で、唾液が出てくると思います。その唾液がゴハンと絡まる事で食べ物についた細菌を消毒して、良質な食べ物に変えるのです。そして、体が健康になり『活力』に繋がるのです。唾液で舌が潤うと書いて『活』となります。

しかし、舌の筋肉が減っていくと、唾液も出にくく、更には舌が下がってくるために、とても不健康になってくると言うのです。そして、その不健康を表す漢字は『乱』という漢字です。舌が下がると体が乱れてくるというのです。

舌の筋肉やよく噛んでゴハンを食べるなど、全く意識できていませんでした。私は早食いで、よく噛まずに居ました。私の両親も早食いだったのでよく噛んで食べる習慣を今更ながら家族で行っております。

また、元気な人の『歯』ってきれいだから口の中を大切に清潔にする事で元気になれるのであれば、歯医者に行ってケアをしたり、歯磨きの回数を増やすことで健康が手に入るのであれば安いものだと思うお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>