法事の必需品お数珠と袱紗

何故、一周忌の翌年が三回忌なんですか?

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

ある霊園で法事を行っていたのですが、お坊さんがお経を拝んだ後に参列者に対して法話を始めました。

その法話の内容の中に『お母さんのおなかの中には十月十日いるといわれております。そして、お葬式を終えて最初の法事は四十九日法要になりますね。この十月十日と四十九日を足すとちょうど1年になるのです。だから、誕生と逝去にはなんだか関係があるのかもしれませんね。』と言う内容だったと思います。

お葬式の仕事をしておりますと、こんな場面に遭遇します。新しい命がお腹の中に身籠っている時に、孫の誕生を一番楽しみにしていたおじいちゃんが亡くなってしまいました。

しかし、生まれてきたその子はおじいちゃんの仕草とかがそっくりで、おじいちゃんのお墓参りに行くのが好きだったりするのです。家族の中では『亡くなったおじいちゃんの生まれかわりじゃないか』って言っているなんてエピソードを聞くことが出来るのです。

こう言ったエピソードを聞くことができるのは、お葬式を担当して1周忌や3回忌も依頼されているとこんな家族のお話しを聞くことが出来るのです。そして法事に立ち会うと新たに家族に加わった子どもたちの顔ぶれも見ることが出来るのです。

お葬式の時は、大切な家族を亡くしたことで、いつもと違う感情がでてしまうことだってあるのですが、法事の時には少し落ち着かれているので、このようなエピソードをお話ししてくれるご家族もあるのです。

また、ご家族から『法事の時もよろしくお願い致します』と言われると本当に頼りにされているんだなって嬉しい気分になります。ちなみに、その法事の時に素朴な質問を聞かれることがあります。それは、どんな質問でしょうか?

それは、『何故、一周忌の翌年が三回忌なんですか?』という質問です。1の次だから2となりそうなものですが、一周忌のあとは三回忌なのです。これは一体どういうことなんでしょうか?

三回忌とは亡くなった翌々年に行い、一周忌の次に行う仏式の法事なのです。特に三回忌からは回忌という数え方をすることが一般的です。三回忌が、亡くなってから3年目でなく2年目に行うのに、三回忌という表し方になっているのは、亡くなった日を最初の忌日として数えるためです。忌日と言うのは亡くなった日のことを指します。命日と同じ意味の言葉になります。

だから、お葬式を1回目の法事と考えると、命日が1周したので一周忌となり、その翌年が3回目の法事となるので三回忌となるのです。また、一周忌や三回忌は命日よりも前に行う事が多く、ご親戚の集まりやすい土曜日とか日曜日に行われることが多いのです。

最近では、ご親戚を呼ばずに家族だけで行うという方も少なくありません。また、三回忌をしないという方もいるそうですが、大切な方を供養する法事なので、せめてお墓参りをするなどして頂きたいものです。

よく、四十九日の数え方として、お亡くなりになられた日を1日目として数え始め、49日目が四十九日となりますが、三回忌以降はどんな法事をすれば良いのでしょうか。三回忌の後は、七回忌(6年目)、十三回忌(12年目)、十七回忌(16年目)、二十三回忌(22年目)、二十七回忌(26年目)と法要を行い、三十三回忌(32年目)か五十回忌(49年目)で弔い上げとする場合も多いです。

法事と言うものは、あなたの大切な方を供養するということと同時に、家族親戚が集まる数少ないコミュニケーションを向上するチャンスなので、会食をしながら思い出話をしてみることで気づきなどが生まれるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

※葬儀代金の相場・お墓の料金・撤去の相場・お布施についての質問など、供養の聞きづらいことなんでもご相談ください!!

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/405748342931971/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>