不動産事業

親の家を引き継ぐのは誰だ!!葬儀業界と今度タッグを組む業界とは?

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

先日もお伝えいたしました『エンディング産業展』について、本日も引き続きお伝えいたします。これから異業種が何らかの形で葬儀業界に絡んでくると私はなんとなく考えておりました。しかし、その波が早速来ていて驚いた次第でした。その業種とは、不動産・リフォーム事業です。

今までは、家とお墓を代々継いで行くと言うのが一般的な考え方でした。しかしながら、昨今では子どもたちが女の子しかいないとか、子どもがいない、また、子どもたちが結婚しないなどで、家やお墓を代々引き継いでいくと言う考えは一般的ではなくなってきていると思います。

また、子ども世代も勤務先に近い都心の方が便利だと考える方も多く、わざわざ実家を継がないという選択をしていると思います。また、子どもが学校に通っているならばわざわざ環境を変えてまで家を引き継ぐという選択もしないかもしれませんね。

そんなことで、ご両親が他界した後に相続した実家の固定資産税だけを払い続けると言う方は少なくないそうです。この家をどうすればよいのか?また、兄弟姉妹は実家についてどんな風に考えているのか?など、話し合っていない方も多いと思います。

『何をどうしたら良いのかわからないうちに親とお別れになってしまいました。』とお葬式の打ち合わせの時に良く耳にするフレーズです。しかし、何日か後に親御さんとのお別れを悲しんでいたお客様へお電話すると『お葬式後の手続きはもっと大変』とお話しして下さるお客様が多かったのです。

そんなお客様のお葬式後の悩みに目を付けたのが不動産・リフォーム事業です。一般的に、家を売ったり貸したりという仕事はもちろんなのですが、売りたくないけど借り手が見つからないので見つけて欲しいということは地方では考えられます。

お葬式後、住む予定もないし、今度どうするのか家族兄弟間で話し合われていない実家について、結構、そのままにしている方やただただ固定資産税を払い続ける方などそんな悩みを持たれている方に対してに、ある提案をされている企業がありました。

それは、デイサービスや保育所や児童館、古民家カフェなどその地域のその場所で需要があるものにリフォームして空き家を活用するという会社が展示会に出展しておりました。まさに、ターゲットとなるのはお葬式後に実家をどうしようかと考えている方々になるのです。

現実的なお話しをすれば、親が元気なうちに家をどうするのか家族間でお話ししておくことが重要であると思います。葬儀業界が不動産・リフォーム業界とタッグを組みお客様のお悩みにお答えしていきたいと思うのです。

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>