お坊さんの画像①

私の使命ってなんだろう??アカシックリーディングをご存知ですか??

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

先日、アカシックリーディングという体験をして参りました。私の友人がアカシックリーディングの講師の資格を有しており、体験セッションということで受講して参りました。詳しくはホームページをご覧ください。https://kakita2.com/akashic/

とても不思議な体験を致しました。占いのような、そうでないような言葉ではうまく言い表せないのがとても歯がゆく、多くの方に経験していただきたい体験でした。

私が今回このお話しをしたのは、私の過去生をこのセッションで言われたことです。過去のこと、つまり、私が武士だったころのお話しをして下さったのです。他の武士と違い町の人に対してお米を分けてあげたり、食べ物を分けてあげたりしていたと言われました。

また、これから戦地に行く前に町の人に対して、戦いに行く前の緊張を隠すような表現をして伝えていたなどを言われました。つまり前世とも言うことなのでしょうか。そんなこと、普段だったらあまり信じないのですが、何となく『あっそんなことをしていたのですか?』と受け入れていた自分がおりました。

その過去生から私の人生のテーマや使命を言われたことは、『一般の人たちのミカタとなるような仕事をすることがあなたの使命である』と言われて、不思議と腹落ちしている自分がおりました。

ただ、お葬式の仕事ではなくもっと違う分野の人が笑顔になるような仕事でも良いのではと言われました。今までお葬式の仕事をしてきて、もっと違う仕事をと言われてとても驚きましたが、私も心のどこかにそんな思いがあったことを今さらながらに思い出します。

そこで、このセッションの帰り道に私は自分の今までの仕事の中で『一般の人たちのミカタ』になれるような仕事って何だろうって考えておりました。私が一般の人たちのミカタになれるようなことって何だろうと思った時に、誰かと誰かのつなぎ役になれるのではないかと思ったのです。

そして、一般の人たちのミカタとなる人を紹介したり、その方のお話しを多くの方にお伝えしたり、そういった場を作ることは出来るのではないかと考えたのです。つまり、お坊さんを一般の方々をつなぐ役目をしていければ多くの方々のミカタになれるのではないかと思ったのです。

お坊さんは今やお葬式の時に仕事をするというイメージが強いのですが、本当は多くの方に『生きるヒント』を与える役目だと私は思うのです。

だから、お坊さんが生きるためのお話しをする機会を作れるならば、心に迷った方々が明日からまた元気に頑張れるのであれば、つなぎ役になる機会をどんどん作っていくことは私にしかできない仕事ではないかと思うのです。

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

※葬儀代金の相場・お墓の料金・撤去の相場・お布施についての質問など、供養の聞きづらいことなんでもご相談ください!!

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/405748342931971/

“私の使命ってなんだろう??アカシックリーディングをご存知ですか??” への1件のフィードバック

  1. こちらこそありがとうございます。
    感動して下さってありがとうございます。使命や過去生についてなんとなくそうだろうな的な腹落ちをして
    本当に楽しかったです。だから、どんどん自分の気持ちで変わるとも言っていたのでまた体験させてください。
    ありがとうございまスカイハイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>