ご両親に『感謝』の気持ちを伝える『きっかけ』とは

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

皆さんにご質問です。

あなたの親が『終活』について熱心に勉強していることを知ったらどんな気持ちになりますか?

私としては、親が『終活』について勉強して欲しい反面、熱心にいろんなことを勉強していると思うと何だか切なくなってしまいます。

皆さんにご質問です。

あなたはご両親に対して『感謝』の気持ちを述べたことはありますか?

私は、両親に対して、まだ『感謝』の気持ちを述べたことはないですね。

いつかは、『感謝』の気持ちを伝えたいと思っているのですが、思っているだけではいつまでも達成できないが、気持ちを伝えようと決めることができれば、親に『感謝』の気持ちを伝えられるのだと教えていただいたことがあります。

でも、なんだか恥ずかしいですよね。

であれば、『きっかけ』があればなんとかなりますか?

たとえば、還暦。年齢でいうと満60歳

では、古希とは何歳でしょう?それは70歳で、最近では長寿のお祝いはここからと考える方も多いようです。60歳代はまだまだ元気ですからね。

それから、喜寿とは何歳でしょう?それは77歳です。

それから、傘寿は何歳でしょう?それは80歳です。

それから、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、紀寿(100歳)と続きます。

そうです。親御さんの節目の誕生日って『きっかけ』になりませんか?

それでなくても、親御さんの誕生日って覚えていらっしゃいますか??

親御さんの誕生日に『感謝』と伝える時間を設けるサプライズっていかがですか?

でも、やはり恥ずかしいと思います。

結婚・出産・マイホームの購入・出世などプラスの『きっかけ』だといいのですが、親の入院・手術が『きっかけ』でも『感謝』を伝えることができると思います。

この『きっかけ』を逃すと・・・お葬式の時に『感謝』を伝えるくらいなら、お元気な親御さんに伝えたいって思いませんか?

だから、誕生日って毎年来るからこの日を大事な『きっかけ』にしたいですよね。

今年こそは、その予定を決めてみませんか?

 

 

地方ごとに伝えて、引き継いでいってほしいお葬式のしきたり

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

お葬式というのは、どうしても地域などでしきたりが違うものです。

ここでも、何度も地域によってのしきたりの違いを伝えて参りました。

都内でのお葬式の際に、亡くなられた方が地方出身者だとして、亡くなられた方のご兄弟はまだ故郷で暮らしているとします。

 

そうすると、ご兄弟たちは、お通夜に参列した時に、はじめて、自分の地域と都内の葬儀のしきたりが違うことに気が付くのです。

もっとひどい方になると、『なんだこれ?葬儀のやり方がなっていない』と言ってクレームを言われることもあります。

『普通は、こうだろう?』と言わんばかりにです。

でも、それは仕方ない事だと思います。なぜなら、葬儀のやり方をたくさんの地方で見ていないのが普通の人です。

お葬式は『こうである』と思うのが普通なんですよね。

例えば、関東で言えば、お香典を持ってきた方に対して返礼品を1つお渡しいたします。

返礼品の中身は、2000円~3000円程度のお茶やのりなどが主流で、最近では、コーヒーの詰め合わせやクッキーやケーキなどの洋菓子もございます。

これは、『当日返し』というやり方で、ご近所の方や友人は、お香典の額は5000円程度が一般的で、そう言った方々には、葬儀の際にお返しして終わりにし、高額を包んでいる方に対して、金額に合わせて四十九日にお返しする方法です。

例えば、名古屋では、お通夜や葬儀では500円くらいのものをお返しいたします。

しかも、名古屋の方々は通夜に参列したから葬儀には行かないということはあまりないので、お通夜でも葬儀でも粗供養品と言われる500円くらいのものを参列者全員にお渡しいたします。

だからと言って、お通夜と葬儀と別々にお香典を持参するのではなく、どちらかでお香典をお渡しするも、粗供養品は両日いただくのが名古屋のしきたりです。

地域のしきたりについて、『何故』このようなしきたりになったのかをお話しできる『長老』のような方も少なくなっています。

少子高齢化の影響で、昔から引き継がれる伝承ようなものが薄れているように思います。

せめて、家族の中だけでも引き継がれるものをしっかり決めておいて欲しいものです。

 

 

 

 

エンディングノートを友人のご両親に書いてもらい、意見をいただきました。

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

みなさんは、エンディングノートってご存知ですか?

何度か、こちらでもお話しして参りましたが、実際、手に取ってみたことがある40代はどのくらいいるのでしょうか?

人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノートの事を言いまして、書く人は主に高齢者という事になります。

簡単に言いますと、遺言書のような効力はありませんが、遺された方に記入者がどんなことを想っていたのかを分からせるために、介護・葬儀・お墓・相続など各分野に分かれて書き記すノートであります。

ある日、私の友人で、とても素敵な女性から、『オヤノタメ』にエンディングノートを書かせてみたいというご連絡があり、エンディングノートを2冊持参してお持ち致しました。

その女性が、ご両親にエンディングノートを渡してから数日が経ったある日、実家に行ってみるとお母さまが、なぜか葬儀屋さんのパンフレットを集め始めていたのだそうです。

そして、肝心のエンディングノートは、まったくの手付かずになっていたのだそうです。

ただただ、高齢者の不安をあおるという目的だけであれば、『葬儀屋さんとしては』このエンディングノートは成功かもしれませんが、高齢者がお子さんに対して、将来困らない為の備えとして書き留めるものであれば、お渡ししたエンディングノートは失敗作であるとなります。

その時友人は、エンディングノートの中身をしっかりと見てみたら、ただ亡くなった場合の事や亡くなった後を託すことだけを記載するものではないんだと思ったそうです。

実際は、介護や葬儀の基本知識も盛り込まれていて、冊子に厚みが出てしまい、高齢者にとっては、記入するのに心理的なハードルが高くなっていると感じたのだそうです。

エンディングノートに関して、『書けない』という悩みばかりクローズアップされますが、『想いを引き継ぐ』ということが肝心ではないかと考えます。

友人の話しを聞いて、改めて、エンディングノートの役割をもう一度考えて、お客様に伝える必要があると思いました。

 

 

 

エンディング産業展に行って来てわかる業界の方向性 ~空き家対策~

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

昨日からお話ししておりますエンディング産業展に行ってきた話しですが、出展者が昨年と大きく変わってきている部分があります。

今回は、いままで葬儀業界と縁はなかった業界ではありますが、少子高齢化が招いた『家族のカタチ』がこの業界と葬儀業界と結びつけたのではないかと思います。

その業界とは、『不動産業界』です。

厳密にいうと『空き家対策』という分野であります。

昔は、長男が家や墓を継いでいく『承継』という形が一般的でした。

私も、長い葬儀社勤務の経験から長男が参列しているにもかかわらず、長男が喪主をしないというケースは見たことがありません。

大昔で言うと、喪主は家督を継ぐ者が行う、つまり、跡継ぎが喪主を行うというのが自然な流れでした。

しかし、現在、長男と言えども、地方から都内やその他の主要都市へと移り住み、そこで、新たな家族を形成する方がほとんどです。

よくテレビ番組で、地方に住んでいる独身男性を集めて、その地域に嫁いでも良いという独身女性と合同でお見合いをさせる番組が流行っているようですが、地方を跡にして都会へと移り住む若者は多いのではないでしょうか?

そうなってくると意外に増えているのが、高齢者夫婦だけで住んでいるお家です。

しかしながら、都会へと出てしまったお子さんたちは、都内や都内近郊にマイホームを購入しており、『現時点では、実家に戻るつもりがない』方が多いと思います。

したがって、ご両親がお亡くなりになった際に、自分が育った実家が『空き家』になってしまう可能性が高いお家が多いと思います。

そこで、『空き家』を有効利用しませんか?という業者が増えているのです。

出展企業として、賃貸として借りたい人を探すという一般的なサービスだけではなくて、空き家をリフォームしてデイサービスなどの介護施設として活用する会社とマッチングさせたり、弁護士などの専門家とマッチングさせたりするサイトを紹介する会社が出展しておりました。

『空き家』対策について、葬儀後に相続した実家が『空き家』であるという方は結構居ますが、『有効な活用方法を知らない』とか『放置する事で起こるトラブル』などどうしたらいいのかわからない方が増えてくると思います。

そこで、葬儀後に実家が『空き家』となってしまうご家族に、そういったサービスがあるということを啓蒙してほしいというのが出展企業の考えであります。

今後、こういったサービスを利用する方が増えていくのではないかと予想されます。

葬儀業界は今後、家を継がないという選択をすることも『家族のカタチ』であるという考え方を知る事で、『家族のカタチ』にあわせたサービスを模索していかねばと考えさせられました。

 

エンディング産業展に行って来てわかる業界の方向性 ~遺品整理~

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

先日、エンディング産業展に参加した話しを致しました。

こちらのイベントは第2回目の開催ながら多くの来場者と、多くの出展者が参加しており、かなりの賑わいを見せておりました。

基本的には、葬儀社さんとお付き合いがありそうな業界が出展いたします。

例えば、石材店や仏壇店。葬儀後にお墓がないというご家族に、霊園をご紹介したり、お仏壇を紹介したりします。

お骨壺の会社や棺の会社、生花店や返礼品の会社など、葬儀の時に必要な商品を扱っている会社などももちろん出展しておりました。

相続や葬儀後の手続きなどを行う司法書士法人の出展や、家具メーカーがつくるお仏壇の出展やIT企業が顧客管理システムの提案や、葬儀発注システムなどの提案など色々な角度から葬儀業界に参入してきているのがわかりました。

そんな中、最近、葬儀業界の中で注目を集めている業界があるのです。

それは、『生前整理・遺品整理業』なのです。

ここ数年、高齢者夫婦だけで暮らしているご家庭が多くなってきているなかで、15年後には、孤独死が20万人にも上ると予想されております。

葬儀後に、主が居なくなった自宅を整理して、遺品と処分するもので分けるお手伝いをする仕事として『生前整理・遺品整理業』が注目されているのです。

例えば、お子さんがいない高齢者夫婦が亡った場合、遺された遺品などは誰が処理するのか?とても、考えさせられる問題だと思います。

それだけに、少子高齢化という問題を考えて、少子高齢化になると誰が困るのかを考えながら、供養業界は商品やサービスをお客様に提供していかなければならないと思います。

遺品整理とは、単純にものを片づけるのではなく、遺された方の気持ちも整えるものであると思います。

ご両親の遺品整理から、気持ちが整う何かが見つかると思うと、遺品整理は『家族の絆』を思い起こさせることが出来るものではないでしょうか。

 

 

 

親のありがたみっていったい何だろう??

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

オリンピックも終わってしまい、ようやくぐっすり眠れるって思っている方は、たくさんいるのではないですか?

オリンピックを見ていると、選手から『家族との絆』『家族への想い』を聞く場面ってたくさんあり、感動することが出来ますよね。

伊調馨選手が、残り4秒で逆転で金メダルを獲得した際に、『最後はお母さんが助けてくれたと思います』とお父さんと14年11月に亡くなったお母さんの遺影を見て涙があふれていたのが印象的でした。

また、登坂絵莉選手がオリンピックに初出場して金メダルを獲得しました。

やはり、伊調選手同様に残り13秒での逆転勝利で日本中を沸かせました。

試合後は『よかったです。やっぱりいろんな人の顔が浮かんで感謝です。一番は応援に来てくれて、ずっと弱いときから信じてくれた家族ですね。』とコメントしました。

このような大舞台で親や家族への感謝の気持ちを述べるということは、親や家族が自分たちが努力している以上にたくさんの苦労をしていることを知っているからこそ出てくる言葉なのだと思います。

私は、葬儀社勤務の経験で、本当に親のありがたみがわからずにお別れしてしまったのではないかと思ってしまうようなお子さんとのお葬式の打合せをすることがありました。

そういった方々が、どうしたら『亡くなる前にもっと親孝行しよう』と思うことができるのだろうって考えたこともありました。

お葬式の打合せをしながら、だんだんと『もっと親孝行をしておけば・・・』と後悔しているお子さんを見て、『もっと、早く気づかせてあげたい』って思いました。

親のありがたみを感じる瞬間があれば、気付かせられていたのかもしれません。

しかし、親のありがたみを感じる瞬間ってどんな時なんだろう??

男性や女性でも感じ方は違うとは思いますが、私としては、あなたのご両親がご病気する前に気づいて欲しいのです。

病気してからでは、確実にやってあげたいと思うことが制限されると思うからです。

是非、『親のありがたみを感じる瞬間ってどんな時なんだろう??』って思い返す時間を作ってみてはいかがでしょうか??

 

 

供養の専門展示会に参加して想うこと

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

先日、東京ビックサイトにて開催されました、葬儀、お墓を中心とした供養の専門展示会であります『エンディング産業展2016』に参加いたしました。

この産業展はまだ2回目なんですが、初日は台風の影響で来場者もまばらだったのですが、2日目以降は快晴に恵まれかなりの来場者が参加しておりました。

この産業展の特徴は、葬儀屋さんだけではなく、仏壇店、石材店、生花店、遺品整理など『供養』に縁のある業界だけではなく、IT、自動車、司法書士、衣装、保険など、一見『供養』と無関係のように映る業界まで出展しており、多様な考え方を学ぶ良い機会となりました。

また、海外からも多くの参加者が来場していて、各国のお葬式事情のようなものを知る機会でもありました。

供養女子コンテストや美坊主コンテストなど『見てみたい』と思わせる演出も数多くあり、供養業界で働いていない方々にも飽きさせない催しとなりました。

そんな中、あるご夫婦から大変興味深い話しを聞くことが出来ました。

それは、供養業界で働いている訳ではないのですが、一般での参加ができるという事で参加したそうですが、キーワードとなるのは『子どもがアタフタしないように準備したい』という気持ちだけだとおっしゃっておりました。

 

昔は、実家やお墓、お仏壇などがあり、それらをどのように継承していくのかが『家を継ぐ』ということだったのが、少子高齢化の中で『家を引き継げない』ご家庭も増えているから、終活が騒がれているのかもしれません。

『子どもがアタフタしないように準備したい』という想いの中には、『家を継がない』という選択もやむなしと考える親とそうでない親といるのかもしれません。

たとえば、先祖代々のお墓を一人息子に託すのは心もとないと考える親と、代々引き継いで行くべきだと考える親がいるのは事実です。

だからこそ、供養や終活について親が何を想い、その想いを子どもに伝えるという事が、必要になっていくのではないかと考えます。

 

 

 

この夏は、ビールがおいしい季節ですが・・・ ~飲酒と睡眠不足~

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

この夏の暑さを乗り切るために、仕事終わりに一杯のビールがたまらない時ってありませんか?

『とりあえず生中!!』とは言わない若い男性も多くいるようで、自分の偏った意見を言わせてもらいますと『人生損しているなぁ~』って感じてしまうのです。

しかし、この時期あまりの暑さに、いつもよりも多く飲んでしまったり、深酒になることはありませんか?

そして、そのまま、家のソファで寝ていたなんて経験はありませんか?

実は、以前、私は睡眠不足は認知症の原因となりやすいとお伝えした事があります。

http://iioyakoukou.com/%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AE%B6%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/yonjyuudaikarakiwotukeruninntisyouyobouhasuiminn

 

一見、深酒して酔って寝てしまうのは、深い眠りにつきやすいと思われがちですが、実は質の悪い睡眠になります。

睡眠は脳と体を休ませる大事な時間と考えると、毎日たくさんのお酒を飲めば、当然、アルコールを分解するために、肝臓などの内臓は休まさないとならないのです。

ま た、たくさんのお酒を飲んで眠れても、実はそれは、本来の睡眠ではありません。

睡眠中に行なわれる脳や体の疲れを回復させようとする機能はほとんど停止してしまっていると考えてください。

睡眠に影響が出るという事は、将来『認知症』になる可能性も大いに考えられるのです。

『休肝日』とはよく言ったものですが、脳や体を休ませる日は必ず設けて、寝る前の深酒は敬遠した方がいいでしょうね。

大人になると昼寝は悪いものという風に考えがちですが、睡眠不足を解消するツールなので、実家でお母さんがお父さんに『昼寝ばっかりして!!』というセリフを言っているのを聞いたことがあるのであれば、少し目を瞑るようにお母さんにお話ししてあげてくださいね。

私の友人でスポーツジムの経営と指導を行っている、セカンドフィットネス代表の武内さんのコラムにも『寝不足解消について』のコラムがありましたので、参考にしてみてください。

http://second-fitness.com/column/suiminnositu  ←武内氏のコラムです。

 

書きながら、自分を省みることができました。

会議中になった電話。まさか・・・。年を重ねると考えてしまう両親のこと

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

あなたは、まったく見ず知らずの電話番号から着信が入った場合に、どんな事を想像しどんな風に思うでしょうか?

私は、どこでゲットされたのかわかりませんが、『マンションを買いませんか?』的な営業の電話がごくたまにかかってきます。

なので、知らない電話番号は、おそらく営業の電話ではないかと想像し、かけ直すと十中八九当たってます。

しかし、年齢やその人の置かれている状況に応じて、想像することが変わってくるし、『見ず知らずの電話番号』を見ると、急に不安になってしまう方も少なくないと思います。

私は、『親の老後や介護について考える会』というグループの会員となり、ご両親の介護に不安や悩みを持つ多くの会員の投稿記事を拝見して、自分も『オヤノタメ活動』に役立てられればと考えております。

その中で大変興味深い内容だったものがあったのでご紹介いたします。

『親の介護で緊急連絡がある時は、なぜか会議中のことが多い。

そして今日もスマホに見知らぬ着歴が入っていたので、会議終了後に恐る恐る電話をかけてみると、父が入院している病院からの電話だった。

要件は、父の状態(肺炎)について先生が説明したいので、本日来てほしいとのこと。

本日来てほしいなんてあまりにも急なので、単刀直入に命にかかわることなのかどうか聞いてみましたが、そこまでの話ではなく単に先生から現状を説明したいので来てほしいという内容だった。

命にかかわるような緊急事態であれば、すぐにでも行動しますが、単に現状の説明を聞きに行くだけで仕事を早退するのはかなり無理があります。

電話を取り次いでくれた看護師さんにも仕事の状況を説明し、週末にリスケしてもらうことになりました。

それにしても今日電話がかかって来て、すぐに来てほしいなんて現役で働いている人にとっては、かなり厳しいですよね。』(原文のまま)

自分たちも年齢を重ねてくると、自分の両親のこういった電話が増える可能性があるということですね。

私のように、『何この番号?また営業の電話かな?』と思って電話に出ないと大変な事になってしまう可能性がでてくる年齢になったという事です。

入院先の病院や施設には、『代表番号』『直通番号』があると思いますので、『万が一緊急の時にはこの番号から電話する』という連絡先はあらかじめ聞いておくといいでしょう。

また、病院の先生は一刻を争う仕事をしていて、曜日感覚はおろか、時間の感覚もぐちゃぐちゃになっている先生も多いので、常識外の電話はあるかもしれませんね。

ただ、お父さんの病状が、急を要するものではなく良かったですね。

 

 

 

ペットブームと並行して、ペットの供養業界も活発に!!

いざ、親が倒れた時に困りたくない、慌てたくない40代の救世主

オヤノタメ活動アドバイザー竹友孝行です。

みなさんは、『イヌ派』ですか『ネコ派』ですか?それとも、他に好きな動物はいますか??

ただいま、空前のペットブームで、その一番の火付け役となったのが『ネコ』だと言われております。

『ネコ』の人気がかなり高騰しており、ペットショップで売られている『ネコ』の値段ですが、この一年で2倍ほどに跳ね上がっているのだそうです。

その経済効果は、あの言葉にひっかけて『ネコノミクス』とまで言われているのだそうです。

ペットを飼う方の理由としては、やはり、単純に動物が大好きだというご家庭が多いのではないでしょうか。

また、癒しが欲しかったり、寂しさを紛らすなどの理由でペットを飼っている方も少なくないように思われます。

『ネコ』に関して言えば、ごくまれに『ネズミ』を食べてくれるからという理由で『ネコ』を飼っているという方もいて何とも実用的な意見だと思いました。

そんななか、私たち供養業界は、ペットを飼う方が増えてきているのと並行して、ペットのお葬式や火葬、また、ペットの霊園などの需要も増えているのです。

ペットのお葬式を見たのですが、『イヌ』のお葬式のほうが人間のお葬式に比べて華美ではないかと思ってしまうほど、しっかりしたものでした。

また最近では、一般の霊園にも『ペットと一緒に入れるお墓』を売り出している霊園もあり、ペットだけの霊園と同じくらい人気があるのです。

飼い主は必ず、ペットに『愛着』が湧くものだと思います。

だから、家族として『供養』されている方がほとんどです。

今の時代、ペットとのお別れから学ぶ『供養』の形があっても良いのではないかと考えます。

私たちの業界が『大好きだったペットのために手を合わせるのはなぜか?』を伝えることで、『ご先祖様には、しっかりと手を合わせるものなんだよ』と教えていく流れが、小さな子供たちにも、供養することの大切さを伝えられると信じております。