離れて暮らす親が心配なあなたは、親の行きつけのお店を知っていますか?

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

あなたには、毎日必ず行く場所ってありますか?毎日は言い過ぎかもしれませんが頻繁にいく場所はありますか?例えば、近所のコンビニだったり、ランチによく行く食堂だったり、居酒屋さんだったりといったいわゆる常連客になっているお店はありますか?

私は、常連客とは言えないけど、店員さんに顔を覚えられているお店はあります。そんな店があるとなんとなくその店を友人に紹介したくなったり、ふと食事をしたくなったりしますよね。そんな店はなんだか安心しますよね。

ところであなたは自分の親がよく行くお店とか居酒屋さんとかってご存知ですか?最近、親世代に人気があるのは夜営業をしていたスナックがお昼にも営業し始めて、高齢者を対象にカラオケ歌い放題営業をしているところがあると聞いたりします。意外とそういうところに毎日のように通う高齢者も少なくないようです。

年齢を重ねてくるにつれてまったく出歩かなくなるといった高齢者も多いので、元気に出歩くだけでも健康でいられる証拠だと思いますので、親御さんと離れて暮らしている方も安心できますよね。

また、常連のお店に通っていたからこそ助かったという出来事がありました。それは、沖縄県のカラオケラウンジにいつも夕食を食べにくる70代で一人暮らしの男性が3日前から顔を見せないことを心配したカラオケラウンジの店員さんが地域巡回をしていた警察官に相談したところ、すぐに男性の自宅へと向かいました。

すると、布団の上で意識がもうろうとした状態の男性を発見したのです。すぐに病院へ救急搬送し一命を取り留めたという出来事がありました。これは、地方だからこその事件なのかもしれません。しかし、そういった地域のコミュニティは必要だと思います。普通ではなかなか出来ない気配りだと思います。

都心に行けば行くほどお店側の方が『最近、あの人来ないけど大丈夫かな?』なんて心配しないだろうと思われがちだと思います。しかし、親御さんと離れて暮らしているお子さんが増えれば増えるほど、地域のコミュニティに所属する事で助かる命があると思います。地域のコミュニティは何もサークルじゃなくてもいいのです。このように、常連のお店でも良いと思います。

重要なのは、『そういえば、あの人姿を見せないね』で心配してくれる仲間を近所につくることがとても大事になってくると思います。そういった街づくりが親御さんと離れて暮らす人には安心のツールになると思うので、親御さんに『良く行く店とかあるの?』ってそれとなく聞いてみるのもコミュニケーションを円滑にできる術だと思います

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

年金は月にいくらもらえるのか?離れて暮らす親のことどのくらいご存知ですか?

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

私は数年前に葬儀代金の未払いになっている方の回収をするように上司から命じられました。私は、葬儀代金をお支払いしてくれないご家庭に催促の訪問をするのは初めてではありませんでした。

私が訪問した葬儀代金をお支払入してくれない方の多くは、年齢が60歳を超えていて収入が無いのでお支払いできないと言ってきます。私も『そうですか!!』と簡単に引き下がれないので『お子さまがお支払することは出来ませんか?』と尋ねてみると、『子どももいろいろあって仕事していないのです。』と言われることが多かったのです。

だから、その時訪問するように言われたご家庭も同じような流れになると思っていました。しかし、今までと違っていたのは、お子さまのお葬式の代金が未払いだったのです。この時点で仕事をしているだろうお子さまから葬儀代金を支払ってもらおうと言う思惑は外れてしまいました。

そこで今まで通りの流れではダメだと思い葬儀代金の未払いのご主人に色々と話しを聞いてみました。ご主人は『収入が無いから払えない』の一点張りだったので私は『ご主人は年金をおいくらもらっているのですか?』と聞いてみました。

私はご主人の回答に驚きました。なんと『年金なんてもらってない』というセリフでした。そのご主人は70歳を超えていたのですが、若いころから個人事業主だったご主人はで年金を未納だったようです。

私はこの話しを聞いてこのご主人は今後どうやって生きて行くのだろうかと思った反面、今後、年金の支給額では生活ができない方も居るのかもしれないと思いました。私も気になって調べたところ、ネット上でもこのご主人と同様に、年金を納めていないので、年金支給がなく子どもに無心をする高齢者が掲載されておりました。

あなたはこれらの話しを聞いて、他人事ではないと考えるのか、自業自得だと思うのか、それは人それぞれだと思います。しかしながら、『超高齢社会』というのは高齢者だけが倒れるのではなく、その子どもたちも倒れていく、もしくは、子どもたちの生活が激変していくと考えて欲しいのです。

この話しを聞いて、万が一自分の親だったらと考えると辛くないですか?私の父も自営業なので不安がないと言えばウソになります。だから、あなたにも親が元気なうちに親のことを知って欲しいと思うのです。

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与えるという言葉のようなノートを作ろう!!

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

ニーチェの言葉で『過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える』という名言があります。過去が現在に影響を与えるということは言うまでもないことですが、未来も現在に影響を与えるというのです。何故ならば、どのような未来を描くかによって、現在の行動が変わっていくからということです。

私はこのニーチェの言葉を聞いた時に、エンディングノートを普及させるのではなくて『未来も現在に影響を与える』という考えをもって行動していくことで、人生を良い方向に向かわせる様なノートを作りたいと思っております。

エンディングノートを高齢者が書く目的は『子どもに迷惑をかけたくない』というのが一番多いと思います。しかしながら、書くことが目的となってしまい肝心な子どもに伝えるということが出来ずにいる高齢者はたくさんいると思います。

また、一度はエンディングノートを書こうと思っても、何を書いたら良いのかがわからないとか、書き進められない、書くのが面倒であるなどの理由からエンディングノートを書くことが出来ずに、エンディングノートは億劫なものだと思っている高齢者もいるのではないでしょうか。

また、そんな高齢者の気持ちを知ってか知らずか『親にエンディングノートを書く様に頼んだのですが、なかなか書いてくれない』というような悩みを心に留めている子どもも多くいるようです。しかし、親がどうしたら書くだろうかと考えることはないので、ただただ困っている方も多くいると思います。

おそらく、介護について、相続について、葬儀について、お墓について、とページを眺めているだけでなんとなくネガティブな感情を抱いてしまうから、書くことだけでなく、考えることも止めてしまうのかもしれません。

と言うことは、自分が考えるポジティブな未来を想像して、この想像した未来の姿にどうしたら近づけるのか、達成スケジュールを作って行くと今何をすべきかが見えてくるのではないでしょうか?この達成スケジュールこそがニーチェが伝えたかったことではないかと思うのです。

未来のなりたい姿になるには?を考えて今をどのように生きていくのかを考えるということだと思います。と言うことは、エンディングでもない、高齢者でもない、これから踏ん張って行かないといけない世代に是非とも書いて欲しいものを作っていきたいと思うのです。

 

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』→https://www.facebook.com/groups/40574834293197

葬儀も婚礼も価格が安いからと『しない』方向が世間に選ばれていることに対策を!!

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

以前、私は当時の勤務先の上司に『お葬式は結婚式の後を追いかけている』と言われたことがあります。これはどういうことかと言うと、以前、華美な披露宴や新婚旅行などをせずに、婚姻届などの提出を『ジミ婚』がブームになったのちに、お葬式も『家族葬』がブームになりました。その世間の流れを『お葬式は結婚式の後を追いかけている』というような表現をしたのだと思います。

冠婚葬祭と言われるくらいですから、結婚式もお葬式も似たような流れでブームや流行り廃りがあるのかもしれません。葬儀業界に籍を置く者として、婚礼業界の動向も勉強しておいて損はないと考えております。

婚礼業界では、婚姻届の提出以外のイベント事を一切行わない『ナシ婚』という呼ばれる方法を選択するカップルも存在するそうです。しかも、婚姻しても『お金を他のことに使いたい』とか『セレモニーが苦手』などの理由で挙式や披露宴を行わない『ナシ婚層』が年々増えているのだそうです。

この『ナシ婚層』の増加は結婚式場にとってはとても大きな課題であり、各社試行錯誤しているのだそうです。その中でも、ある結婚式場では子どもが出来たことで『ナシ婚』を選んだご夫婦向けにサービスを開始したり、結婚式の打ち合わせの際にベビーシッターを手配するなど、あえて母親目線で考えて『ナシ婚』対策をしているのだそうです。

婚礼業界も『ナシ婚』対策を行っているのですから、葬儀業界も『直葬』対策を本気で考えて行かなければならないと思うのです。『直葬』というのは火葬するだけです。火葬するだけならまだしも、火葬当日までお亡くなりになられた方と顔も見ることなく火葬場で葬儀屋さんとご遺体と待ち合わせで済ませてしまう方もいるのです。

婚礼業界のように『何故ナシ婚を選択したのか?』と考えてその理由を追及しているように、葬儀業界は『何故、直葬が増えているのか?』という理由を理解し、対策を講じていないように思うのです。ただ単純に火葬するだけなので価格が安いからということで選ばれているように思います。

お葬式をする意味をしっかりと伝えて行かない限り『お葬式なんて必要ない』という価値観の方が増えて行ってしまうと、葬儀屋さんの仕事は火葬場にご遺体を連れて行く事だけになってしまうかもしれませんね。

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』→https://www.facebook.com/groups/40574834293197

シニアが仕事ができる環境を作ることもオヤノタメ活動である

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

私が通っていた小学校がいつのまにか高齢者のグランドゴルフ場になっていて驚きました。シニアの憩いの場に変わってしまったのは、地域に小学生の人数が大幅に減少して3つの小学校が合併したからです。今では、古い校舎が取り残されている状況なのです。

また、地元の河川敷に行ったら小学生が野球の練習をしていたのですが、何度数えても8人しか居なくて最低でもあと1人いないと試合にすら出られない状況だそうです。また、6年生が卒業してしまうと5年生以下は6名しか残らないということで解散危機を迎えているそうです。

この少年野球チームはその昔40~50名もの部員がおりました。私も所属していたチームなので、もしも、無くなってしまうとなると寂しい気持ちになってしまいますね。それだけ地域の子ども達が少なくなっていると言うことです。

また、地元などで外食をするとまったく従業員が足りていないのではないかと感じることがあります。私のイメージでお話しすると高校生や大学生のアルバイトは外食産業が多かったイメージでした。しかし、その高校生や大学生の人数が少なくなっているのだから、外食産業でアルバイトする学生が少なくなっていてもおかしくないと思います。

その背景もあり、外食産業がシニア世代の積極採用をしようとする動きが出ているのです。一昔前は、学生のアルバイトだった外食産業も今後はシニアが定年後の活躍場になりつつあるのだそうです。

若い世代の確保が困難になってきた少子高齢化が故の発想かもしれませんが、シニアが働いてくださることはとても有難いことだと思います。私は今の30代や40代はもしかしたら親に対して負担をせざるを得ない可能性が大きいと考えております。

例えば、医療費や介護費です。高齢者が必ずしも貯蓄をしているとは限りませんし、自分の親がどのくらいの額を貯蓄しているのか知らないという方は結構いるのではないでしょうか?そして、何より今の30代や40代は親の介護費用などを自分たちで負担しなくてはならないのでは?と考えてしまう方もいると思います。

そういった意味でも、シニア世代に働ける環境があると言うことは、介護予防や認知症予防になるだけでなく、自分たちの老後にかかる費用を稼ぐという考え方が広がって欲しいものです。また、30代や40代はシニア世代が定年後であっても働ける環境作りをしてく必要があると思うのです。

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』→https://www.facebook.com/groups/40574834293197

家族だけで葬儀をする場合の『家族』の範囲を考えてみる

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

『家族葬』という言葉が一般的にもかなり浸透してきました。一昔前までは首都圏だけで流行るお葬式の形だと思われており、地方には浸透しないだろうと言われておりました。その理由としまして、やはりご近所の方々にお葬式のお知らせをして受付などを手伝ってもらう文化は根強いと思われていたからです。

しかし今では、全国どこに行っても『私のお葬式は家族葬で!!』と言う方が増えています。こんなにも家族葬を選択するお客様が全国的に増えていくと予想していなかったのは葬儀社側だと思います。

と言うのも、特に地方では葬儀式場を建設する際には、どうしても駐車場の確保とご近所の方や会社関係の方が参列しても席に着くことができるだけのスペースを確保していたと思います。だいたい、近所の方や会社関係の方が来ても大丈夫なような広さで建設してきたと思います。

最近では、新しく建設する葬儀式場は家族葬ホールなどという名前を付けてスペースの小さい式場建設に切り替えているようです。葬儀社側もあの手この手でお客様に選ばれるように努めているのです。

しかし、ここで問題になるのが『家族葬の家族の概念』が人によって考え方が違うということなのです。あなたはこの『家族葬の家族』はどこまでの範囲でお考えですか?ある人は家族と親戚だけで行うお葬式と答える方もいらっしゃいます。ある人は親戚すらも呼ばずに家族だけで行うお葬式と答える方もいらっしゃいます。

私はどちらの答えも間違ってはいないと思います。人それぞれの考え方なので問題はないと思います。もっと言えば、家族ではない仲の良い友人が家族として参列してもらっても良いとも思っております

ただ、最近私が思うことは亡くなられた方に対して『ありがとう』を言いたいと思っている人が集まればお葬式はそれで良いのではないかと思うのです。だから、親戚すら呼ばずに家族葬をしたいと考えている方には『ご親戚の方もお亡くなりになられた方に感謝を伝えたいのでは?』と一度考えてもらうようにしております。

よく、どこまで呼べばよいのかが難しいと言われることがありますが、『ありがとう』を言いたいと思われる方であれば親戚でなくても参列してもらえば、それはお亡くなりになられた方に対して供養になると思うのです。

 

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

離れて暮らす親が心配だけど、まだ、大丈夫だと思っているあなたに

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

AI(人工知能)がすさまじい勢いで進んでいます。このままでは10年後には無くなってしまう職業があるのではないかと予想されているのです。これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどに代わられようとしているのです。

現在、10年後には無くなるかもと言われている職業に就いている方からすればどうにか形を変えてAIなどのロボットや機械にに出来ない分野の仕事をみつけていくしかないと考えていると思います。

と言うことは、10年後には無くなるかもしれないと言われている職業についている人たちは、この10年の過ごし方がとても重要になってくると思います。今の職業から派生して考えるのか、まったく違う分野の仕事を模索するのか、色々と考えてしまうと思います。

もしかしたら、10年後に無くなるかもって思われていない仕事に就いている方も、将来を先読みして色々なことを考えていかないと、20年後に無くなるかもって言われてしまうかもしれませんね。

話しは変わりますが、もし、あなたの年齢が40代であれば、親御さんと離れて暮らしているあなたに10年後無くなる訳ではないですが、変わってしまうかもしれないことがあると思います。それは、元気だった親御さんの姿だと思います。

もっとわかりやすく言えば、少し猫背になっていたり、性格がなんとなく頑固になっていたり、物忘れが激しくなっていたりとそのレベルかもしれません。また、あなたが40代であれば、親御さんも70歳を超えてくると思います。そうなると、性格や物忘れだけでなく大きな病気をしてしまう可能性も考えられます。足腰が弱くなり怪我などの可能性も考えられます。

そうなると、今40代で親御さんと離れて暮らすあなたは、親御さんとの付き合い方を考える10年になるのではないでしょうか?親御さんも段々と今まで出来ていたことが出来なくなるかもしれません。

もしかしたら、この10年の間に『親が元気なうちに話しをしておけば・・・』と後悔してしまう場面があるかもしれません。だから、今まで離れて暮らす親御さんとコミュニケーションをとっていないのであれば、定期的に電話をしたり、帰省した時に気になることをそれとなく聞いてみる時間を設けていくようにしてみてはいかがでしょうか?

特に、あなたが40代であればこれからの10年間が親御さんとの付き合い方のカギになると思います。

 

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

人生をバッドエンドにしない生き方のために年齢に関係なく終活を!!

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

先日、『しくじり先生』というテレビ番組で『終活』について放送されておりました。その番組では、『相続』『お葬式』『お墓』についてのお話しがされておりました。今までは情報番組で取り上げられることが多かった『終活』についてですが、ついにバラエティ番組でも放送されるようになったことに驚きました。

番組内では20代から60代の芸能人が『終活』について学ぶというスタイルで進行していきました。番組の冒頭では、20代30代の芸能人であれば理解はできるのですが、50代の芸能人までも『終活なんてまだ早いだろう』と講師を務めたオリエンタルラジオの中田敦彦さんにクレームつけるところから始まりました。

しかし、中田さんはこの講義が終わった頃には『終活なんてまだ、早いだろう』とは思わなくなるようになると宣言し講義がスタート致しました。中田さんは芸能人らしい切り口で『終活なんてまだ、早い』という言葉をこのように返していきました。

それは、ドラマや映画とバラエティ番組で例えて行きました。まず、ドラマや映画と言うのは、終わりが決まっているものと例えました。すなわち、ドラマであれば11話とか12話で終わりが決まっております。映画であれば、2時間とか3時間で終わりになります。

しかし、バラエティ番組に関しては、特番とかではない限り、レギュラー番組であればいつ番組が終わるかわからないものと例えました。そこで中田さんは『いつか終わりを迎えるものですが、いつ終わるのかがわからない。それは人生と一緒じゃないですか?』と言ってバラエティ番組を人生に例えたのです。

中田さんは、いつかは誰しもお亡くなりになるけど、そのお亡くなりになる日がいつなのかがわからない、それは明日になるかもしれないし、何年後になるかもしれない。しかし、終わりの日は必ずやってくるのだから今から知っておきましょう『終活なんてまだ早いだろう』と言った芸能人に対して告げたのでした。

では、何故、今なのかと言うとそれは、『人生の終わりをバッドエンドにしない』ために終活の授業を受けましょうということでした。要するに、あなたの人生をバッドエンドにしないために『終活』を学ぶと言うことは有効であると伝えていました。

私はこの考え方がもっと浸透して欲しいと思います。親が元気なうちに親のことを考えるだけでも、あなたの人生をバッドエンドにしない方法だと思うのです。そして、終活を学ぶのは高齢になってから始めるものではなく、若いうちに気付いて始めていくものだと改めて痛感いたしました。

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

相続は兄弟と親が元気なうちに対策をしておくことで意見の食い違いを防ぎましょう。

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

2時間ドラマなどで相続争いがきっかけで殺人事件に発展するというような内容のドラマを一度は見たことがあると思います。だいたい設定は莫大な遺産があるご家庭の相続争いと人間模様が描かれているので、なかなか一般的にはリアリティに欠ける内容なのかもしれませんね。

だから、相続争いって結構ドラマの中だけのお話しだと思っている方って結構多いと思います。また、相続争いのイメージと言えばお金持ち人や資産がたくさんある人たちのお話しだと思っている方が多いと思います。

実は、相続争いの調停の成立件数の約3割は遺産が1000万円以下のご家庭であると言う事実があるのです。また、5000万円以上の遺産をお持ちのご家庭は相続争いの調停の成立件数は約2割にも満たないというデータがあるのです。

数字的には、お金持ちの方が相続でもめていないというデータになっていますが、遺産が1000万円以下のご家庭の件数と、遺産が5000万円以上のご家庭の件数が同数ではないので、お金持ちの方がもめていないとも言えないかもしれません。

ただ、言えることは遺産がいくらであっても、血のつながりがある家族間でもめている方が多いという事実を知っておいて欲しいのです。

やはり、相続についても親が元気なうちに家族間でお話しができれば、親が亡くなった時にどのように相続をするのかで慌てたり、兄弟間で意見が食い違ったりすることは軽減すると思うのです。

終活セミナーに参加された方がよく言われるお話しとして『うちの子どもたちは仲が良いから』親がそんなことで子どもたちが争うとは微塵にも考えていない場合があります。そうすると、親が相続対策をするとは考えにくいと思います。だからこそ、子ども側である程度話しをしておく必要があると思います。

そして、相続対策のセミナーなどに参加してある程度相続の知識を持つことも、親が元気なうちにできる対策だと思います。何故、セミナーが良いのかと言うと専門家のお話しを直接聞けるからです。

特に、相続については専門性の高い分野なので、あまりなじみのない専門用語や専門書だけではわかりにくい説明もあると思います。だからこそ、セミナーを受講したのちに相続の本を読むといいのではないかと思います。

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197

親や兄弟とのコミュニケーションは40代から見直しましょう!!

親の居る間に親孝行 オヤノタメは自分のため オヤノタメ活動アドバイザーの  竹友 孝行です。

あなたは今、年齢はいくつですか?ある書籍を読んだ時に定年退職した方の後悔は40代の過ごし方に集中しているという内容が書かれておりました。その書籍の中には30代と40代は過ごし方が違うと書かれておりました。

著者は色々な諸先輩にインタビューをしていくと40代の過ごし方を後悔している方が多く、人生が80年と考えると40代が折り返し地点であり、30代と向かっている方向が180度違っていて、人生のターニングポイントとなるとも書かれておりました。

40代の過ごし方と言ってもどんな過ごし方をしていれば良かったと後悔しているのかというと、主に仕事に対しての後悔をしておりました。

例えば、仕事内容に関わらず自分がスキルアップするような勉強をしておけば良かったとか、勤務先での上司や部下に対する接し方などを後悔していることとしてあげられておりました。

また、仕事以外でも趣味やコミュニティなどに積極的に参加したり、交流したりすれば良かったと後悔している方が多いことがわかりました。話をまとめますと後悔していることのほとんどが人付き合いであり、コミュニケーションの取り方を後悔していたのです。

そして、親の介護について兄弟間でお話ししておけば良かったと後悔していたのです。これは、親を含めた家族間のコミュニケーションをもと良くしておけば良かったと言っているのだと思います。

このことからも分かる通り、今の65歳以上の方は40代の過ごし方、特にコミュニケーションをもっと上手とることを積極的にやっていれば良かったと後悔していることがわかりました。要するに高齢者になって気づくことは『人間関係』をしっかりと築いていれば良かったと後悔しているのです。

そして、高齢になって気づくのが親や兄弟と意外とコミュニケーションがとれていないということだったのです。だから、いざ親が倒れたとか入院したという場面で兄弟間でどうしたら良いのかわからずに揉めてしまったりするのです。

このことからもわかる通り親が元気なうちから、いざ親が倒れたらとか親が亡くなったらという話題を兄弟間、そして、親も交えて話ができる環境作りが大事だと思います。親のことがある程度話が出来ていれば、いざと言う時に揉めることもありません。また、親のことを話しながら自分自身も見直すこともできて、これからを生きるための目標ができると思うのです。

 

 

 

 

 

親が年齢を重ねてくると、『私』はどうなってしまうの?となんとなく不安なあなたのためにFacebook上のグループを立ち上げました。気軽に相談したい、興味があるというあなたのご参加を是非お待ちしております。

『モシオヤの会』https://www.facebook.com/groups/40574834293197