親孝行を考えているのであれば知ってほしい誰でもできる認知症予防

みなさんは、自分の親が突然倒れたり、介護がはじまることを考えたことってありますか??

おそらく、『そんな縁起でもない』って眉間にしわを寄せて言ってくると思います。

また、お年寄りも本気で『そんな縁起でもない』と思っています。お年寄りは自分のことをお年寄りだなんて思っていないのです。だから、毒蝮三太夫さんは怒られないんです。

でも、『老い』に対して多少認識が異なるようですね。若い人が考えている『老い』とお年寄りの考える『老い』ってどう違うのでしょう。

私たちは、お年寄りの老いた姿はわかりますが、お年寄りの心の中までは理解できていないのです。

親と同居していても、離れて暮らしていても、心の中まで理解できるほど親子間の会話はありますか?おそらく、少なくなっている実感ありますよね。

実は、家族の接し方ひとつで予防につながる病気があります。それは認知症です。

認知症とは加齢が原因の脳の病気です。進行していくと記憶や言葉すら失っていくイメージがあります。しかし、認知症についてあまりにも知らない事だらけではないでしょうか?

例えば、

※街でばったり出会った知り合いの名前が出てこない。しばらくして思い出した。

※昨日の夕食に何を食べたかすぐに思い出せない。

※電子レンジで温めた料理を出し忘れて、翌日レンジを使う時に気が付く。

以上の3点は単なる老化現象です。年を取ればだれでもあるらしいです。

しかし、

※近くの商店街で道に迷って、家に帰れなくなった。

※『カメラ』『時計』のような、身近でよく知ってる言葉が出てこない。

※半年くらいの間に、人格が変わったように怒りっぽくなった。

以上の3点は、認知症の症状なのです。

そうなってくると親孝行どころではなくなってしまいます。しかし、家族の接し方で、症状が大きく変わっていくと専門家は言っておりました。では、どんな接し方をすればいいのでしょうか?

家族の接し方としては、

①大声や後ろから近づくなどをしてびっくりさせない。

②ゆっくりならできる事が多いので急がせない。

③否定しない。とりあえず受け入れる。

④怒らない。『何回聞くの??』って言ってる気がする。

⑤プライドを傷つけない。

プライドを傷つけないと言っても、難しいですよね。だから、相手に納得してもらうようにお話ししてみる事を心がけてみましょう。

だから、親子の会話ってとっても大事だと思いませんか?実は、認知症予防には『笑い』が最高に効果が高いと言われています。みなさんと会話することでご両親が笑顔になってくれればそれはもう立派な『親孝行』と言えるでしょう。

以前、あるご家族のお葬式を担当した時をふと思い出しました。

喪主の欄に亡くなった方の奥様らしき名前を記載しているのですが、葬儀の打合せの場にはそれらしき方の姿がないので聞いてみる事にしました。

すると『故人の妻です。今は認知症で施設に入ってまして・・・』

『今回のお葬儀にはご参列されるんですよね??』

『来たところでわからないので連れては来ないつもりですが、形式上喪主という事で・・・』

なんとも寂しそうな顔で私に伝えてくださったのが印象的でした。このご家庭では施設に入居できたので少しは安心できると思いますが、自分で面倒を見ると考えるとかなり不安ではないですか?

こうなってしまうと親孝行どころではありませんね。

そんな時は『あと、何回親に桜の花を見せてあげられるだろう?』そんな事考えてあげると、思わず『電話でもするか』となるかもしれませんね。思いったたがなんとやらです。まずは行動してみましょう!!

ドラマ『遺産争族』から学ぶ、親子で考えてほしい『相続』

2015年10月から新ドラマで『遺産争族』というドラマが始まったのはご存知ですか??

このドラマは『遺産相続』だけではなく、『家族』や『結婚』といった家族問題もテーマとなっているようなので久々に連ドラを見ています。

お話は、向井理さん演じる研修医の育生が、緊急で容態が悪化した患者さんの応対で呼び出されます。その患者さんは、伊東四朗さん演じる河村龍太郎で、ベッドで苦しんでおり、それを見守るようにご家族が病室に集まっておりました。

龍太郎は、河村商会という葬儀社を起こしたが、現在では岸辺一徳さん演じる長女の旦那でいわゆる婿養子の恒三に会社を任せ、恒三の手腕で会社名もカワムラメモリアルと変更し大手葬儀社に成長させていきました。

しかしながら、龍太郎は恒三のことを認めておらず、自分の娘たちもあからさまな財産目当てに嫌気がさしているのです。

そんな中、榮倉奈々さん演じる龍太郎の孫でカワムラメモリアルの社長令嬢楓は、お見舞いに行ったときに育生としりあい、密かに交際をスタートしており、結婚をしたいと家族に申し出たことで急変していくのです。

順当にいくと、この家の遺産相続は、龍太郎の奥様が他界しておりますので、3人の子供たちが1/3ずつ相続となります。しかし、龍太郎は自分の財産を自分の子供たちではなく、相続権の無い育生に相続させようと考えておることが、家族間のトラブルに発展していくといった内容です。

そこからは、河村家あげての育生いびりがはじまるのです。

このドラマはかなり勉強になると思います。

ただ、ドラマの題材でわかりやすくしたいので、大金持ちの設定にしたのでしょう。

また、骨肉の争いをわかりやすくするために葬儀社と設定し、様々な家族間の争いを描きやすくしたのでしょう。

あまりにも現実離れした設定なので、『私には関係のない話』と思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、平成25年度の最高裁判所の司法統計で遺産分割事件の財産額を見てみると、一番多いのは財産額が5000万円以下のご家庭で43%。財産額が1000万円以下のご家庭で32%。つまり、遺産分割事件の約75%は遺産額5,000万円以下の相続で起きているということです。一般のご家庭のほうが大金持ちの相続よりもめているのです。この事実をみなさんには知っていただきたいです。

葬儀屋さんの目線からお話ししますと

例えば、このドラマは葬儀社は儲かると世間に思われてしまわないか不安になるほど大金持ちの設定。特に伊東四朗さんのお部屋は豪華絢爛。隠し金庫もありその中に遺言状があるのですが、果たしてそんな隠し金庫の中の遺言状は家族に見つけてもらえるのでしょうか??

また、葬儀社社長役の岸辺一徳さんが、お婿さんの向井理さんをいびる設定。向井理さんをいびるなんて確実に、世間の女性から葬儀屋さんの印象が悪くなるの間違いなしです。岸辺さんがはまり役なだけに・・・。

若手人気イケメン俳優が、素敵な葬儀屋さん役をこのドラマで演じてくれないと、『葬儀社って悪い人』のイメージは払拭できないかもしれないのでお伝えします。

安心してください。このドラマはフィクションですよ。

介護離職の末、無職のまま喪主となったひとりっこ

介護離職という言葉をご存知ですか。家族の介護のために会社を退職することです。

介護離職者は、年間に10万人にものぼると言われております。介護離職者のほとんどは働き盛り。会社でも中核を担う人たちです。厚生労働省では、介護と仕事の両立を実現できる社会を目指しており、介護離職を防ぐための対策を行っているそうです。

しかし、日本は、介護離職者がもっと増えていくのではと懸念されております。

 

数年前にお葬式をお手伝い致しましたEさんも介護離職者でした。

Eさんはひとりっこで独身。唯一の身内であるお母様がお亡くなり何も考えられないといったそんなご様子でした。

介護のため会社を退職され、正直お金が大変であるということをお話ししてくださいました。私も出来る範囲でお母様を送ってあげるよう提案致しました。

 

そんな中、たくさんのご親戚が到着されました。大変慌てられた様子で、矢継ぎ早にEさんに質問をしていきました。

『あれは?これはどうした??』質問に一つずつ丁寧に答えていくEさんにご親戚からとんでもない質問が浴びせられました。

『葬儀見積もりをみせてごらんなさい。あなたはひとりっこだからいいように言われてると思って』

『何??自分のお母さんのお葬式にこんな貧相な祭壇にしたの??Eくんは何も知らないから、もっといい祭壇に変更して!!』

 

頑張って、見ず知らずの私に介護離職していることや、お金をかけられないことを打ち明けてくれたEさん。Eさんがひとりっこで身内がいなくなることで、心配してあれやこれやとお世話をしたご親戚。誰も良かれと思ってやっていることなのに、ギクシャクしてしまいました。

私は、Eさんに『生前にお母様がこの祭壇がいいと言っていたとご親戚に伝えてください。亡くなった方の希望じゃ仕方ないとなりますよ』とアドバイス致しました。私の話に笑顔を見せてくださったEさんでしたが、とても疲れたご様子でした。

ひとりっこのみならず、子供は介護だけでなく、葬儀や相続等、親のコトを一手に担う訳です。Eさんは、これから再就職先を探すそうですが、ある程度の年齢での再就職は大変だと思います。これから、Eさんのような方は少なくないと思います。

もし、親に何かあったら、自分の生活はどのようにかわってしまうのだろう?と考えてみるのも、立派な親孝行なのかもしれませんね。

相続を『争族』としてセミナーをする先生と親の財産を知らない40代~その②~

前回、終活セミナーの一番の人気コンテンツと言える『相続』についてお話ししましたが、今回は、公正証書遺言を残しておくことは、遺された家族にとっても書いておくべきであると考えております。

ここで、少しだけ補足しておきます。遺言には、たくさんの遺言の残し方があるのですが、ポピュラーなのは2種類の残し方です。

1つ目は自筆証書遺言。書いて字のごとく自分で書いた遺言という事になります。簡単に言うと『おーい、これ書いといて!!』ではダメだという事です。その他、『字が下手だからパソコンで作りました!!』というのも基本的に無効となります。その分、いつでも、費用をかけずに、誰からも知られる事なく遺言が作れます。

2つ目は公正証書遺言。公正証書遺言というのは、公証人役場で公証人の立ち会いのもと、作成する遺言のことです。作成時には証人2人も交えて作成しなければなりません。という事は自筆証書に比べてとても手間暇がかかり、公証人や専門家へ遺言作成の料金が発生します。

ここまでを見る限り、わざわざお金をかけなくても遺言書を作れるのかとお考えではないでしょうか?

実はその反面、自筆証書遺言に関して、気軽に作成できるけどデメリットも大きいのです。自筆証書遺言の場合には、ご本人がお亡くなりになった後、相続人全員の立ち会いのもと、家庭裁判所での検認(遺言書の内容の確認)という手続きが必要になり、遺言が執行されるまでに、手間と時間がかかります。さらに言うと、自分で作成するので、必要事項を記入していないために、遺言書として法的な効力をなさない事も多々あるそうです。その他、財産を相続する人が自分にとって不利になる遺言書の存在を知った場合、偽造、改ざん、破棄などにより、財産を残す人の希望が叶わないこともあるようです。また、財産を一部しか書いていないのでトラブルになったり、本当に自分の意思で書いた遺言なの??書かされたんじゃないのと争いになる事が多いようです。また、そもそも発見されないこともあるようですね。

だから、セミナーでは、『長男が嫌いだから長男に財産を渡したくない』とか『クラブのママに全額渡したいのだが・・・』という無理やりな設定により、公正証書遺言を残すようにおススメしていきます。しかし、現実的ではない話だからどうしてもみなさんピンと来ていないご様子なので、現実的なお話しをいたします。

一人暮らしで70代の女性Bさんが亡くなりました。Bさんのご主人は10年前に他界。Bさんの子供は40代の女性Cさんがおひとりで、その方の旦那さんDさんが喪主を務めました。Bさんはすごく元気だったのですが、数日前からポストに新聞が散乱していると、近所の方から連絡が入りました。警察官立会いのもと家に入るとBさんは倒れていたという事です。それでも気丈に葬儀を無事に済ませましたが、葬儀後の手続きなんてあるの?とビックリされてました。手続きなんて何から手を付けてよいのかわからず、司法書士に依頼をし財産や手続きの整理をお願いしました。

しかし、何も遺言等を遺していなかったばかりに、『これでいいのかな?ほかに新たな財産がでてこないよな??』と不安な日々を約1年過ごしたそうです。結果、会社がお休みのたびに、Bさんの家の整理や手続きにかかりっぱなしとなったようです。

財産の有無に関係なく遺言を残すことは、手続きをスムーズに進める答え合わせの役割もあるのです。Cさんはひとりっこで兄弟と相談する事が出来ませんでしたが、Dさんという心強い味方が居たので1年間で済みましたが、どうしたら良いのかわからぬまま過ごされている方は結構多いのではないかと思わされる今日この頃です。

相続を『争族』としてセミナーをする先生と親の財産を知らない40代~その①~

2015年1月1日相続税の改正で基礎控除額が縮小されたのはご存知ですか?

改正前は、5000万円+1000万円×法定相続人の数 だったのが

改正後は、3000万円+600万円×法定相続人の数  に改正になりました。

基礎控除は、相続税の申告が必要になるかどうかのボーダーラインです。財産が基礎控除以下の場合には、相続税の申告は必要ありません。しかし、遺産が基礎控除を超える場合には、相続税の申告が必要になります。

例えば、家族4人でお父様がお亡くなりになり、遺された奥様とお子様2人が法定相続人となります。つまり、相続人は3人となり、改正前は8000万円が相続税の申告が必要かどうかのボーダーラインだったのが、2015年から4800万円がそのボーダーラインに改正されたのです。

相続税の改正をきっかけに、『終活』と言う言葉が街にあふれました。また、各所、各業界では終活セミナーが数多く開催されました。私も士業の先生方やファイナンシャルプランナーの相続セミナーを数多く参加して勉強させていただきました。参加者は平均70歳代前後。いわゆる私の親世代が参加しているのです。

セミナーは、約1時間から1時間半の構成で、相続税の改正や基礎控除額が縮小される話等、どんどん進んでいきます。序盤は興味深々のお客様だったのですが、『配偶者の軽減・・・』 『小規模宅地の・・・』内容が難しくなるにつれて、高齢者たちはどんどん頷きはじめました。

すごい、みなさんこんな難しい内容がわかるんだぁ・・・いやいや、寝始めたのか!!

そうですよね。相続って専門性が高くとても難しい内容が多いため、税理士の先生も相続税に明るい税理士は全体の20%とも言われているそうです。

だから、セミナーの終盤は、『長男が嫌いだから長男に財産を渡したくない』という強引な設定に変化していきます。または、『クラブのママに全額渡したいのだが・・・』という無理やりな設定に変化していきます。70代の参加者にはどれも非現実的な内容ですが、こういう設定はより具体的に説明しやすいので、この設定を使っているのかもしれませんね。

ちなみに、それらの解決方法は『公正証書遺言』を残すことである程度解決できると締めくくり個人的なご相談に移りセミナーは終了となります。

しかしながら、こんな堅苦しい方法ではなく、兄弟姉妹全員が親とコミュニケーションをとる機会を作る事で、未然に争う芽を摘んでくれるような解決方法を提示できる様なセミナーを作りたいものです。

とは言うものの、公正証書遺言を遺しておく事は、遺された家族にとっても私は大賛成です。 その理由は・・・また明日という事で!!

 

お葬式の現場でみた親孝行~ひとりっこの喪主様~

ひとりっこってすごく増えてますよね。ひとりっこの喪主様は、自分自身とても考えさせられるお客様になることがとても多いのです。

私は16年間の葬儀社勤務で見てきた現場で起こった数々の出来事を紐解くことで、親のコトで悩むことなく素敵な生き方ができるんじゃないかなって考えるようになってきました。

何を隠そう私もひとりっこなんです。子供のころは、いつか自分に兄弟姉妹ができるんだろうって思ってました。そんな事考えていたなんて遠い昔の記憶でしたが、この仕事に就いて思う事は、『ひとりっこって相談できる兄弟が居ないだな』ということでした。

そのことを強く感じたのは、Aさん(44歳)が喪主を務めた時でした。Aさんは洋食屋のコックをしており、自分のお店をもつ大変ご立派な方でした。

お葬式の打合せの際に、Aさんにご質問を投げかけてもボーっとしており僕の声が届いているのかどうかもわからない感じでした。このままでは、お葬式の打合せが進まないので半ば強引にお葬式の流れを説明していくも、頷くこともないのでとても心配になりました。

『わからない事はありませんか?』と声をかけたその時、はじめてAさんがしゃべりだしました。 『僕は、一度も葬儀に出たことがないから、何がわからないかすらわからないんだ!!』と声を裏返して僕に伝えてきたのです。

当時の私は恥ずかしながら、『Aさんの年齢なら葬儀に参列した事くらいあるだろう』と勝手に判断していたのです。

実は、Aさんはひとりっこで兄弟がいないので相談できる親戚もいなかったのです。お父様が検査入院だからすぐに元気になるだろうと考えていたのに、突然のご逝去。そんな中何が何だかわからぬまま自分の親のお葬式の打合せで、葬儀費用がどのくらいかかるかなんて全く分からない。ましてや葬儀が終わった後にも手続きがある事すら想像できないのです。

もしも、私が葬儀の業界に勤めていなければAさんと同じような何とも言えない気持ちを味わっていたかもしれない、今でもそう思っています。自分が考えもしないタイミングでお父さんとお話しする事すら叶わなくなったAさんに『お父様にしてあげたい事って何ですか?』と問いかけました。

『僕が作った料理を食べさせたかったなぁ』

『では1品だけ作ってきてください。祭壇にお供えしましょう』

『そんな事していいんですか?』

『全く問題ないですよ。きっと喜んでくれますよ』

『最後に親孝行できました。』葬儀が終わった後、私に笑顔で伝えてくださったAさんのお言葉でした。

お葬式の打合せで起こりうる意外な落とし穴~悪徳葬儀社が後を絶たない??~

私の葬儀社勤務の中でお葬式の打合せは非常に重要な業務でした。お葬式の打合せの時にはたくさんのことを取り決めます。例えば、お葬式の日程。お付き合いのあるお坊さんはいらっしゃるのか。お墓はどこにお持ちなのか。意外と質問する事はたくさんあるのです。『普通亡くなった次の日がお通夜なんでしょ?』なんて聞かれる事がよくありますが、お坊さんの都合や火葬場の空き状況で日にちが伸びる事もよくあります。

そんな中でもお葬式の打合せで起こりうる意外な落とし穴が、家族や葬儀担当者が参列者の人数を予測できないことなんです。

最近、メディアでは数か月に1回のペースでTVや雑誌等で葬儀や終活について放送されたり、掲載されたりしています。そして、かなりの確率で『悪徳葬儀社が後を絶たない』というフレーズが出てきます。その放送後には、お客様から『おたくは大丈夫?』というお電話をいただくことも多々ございます。もしかして、このプロデューサーさんは、葬儀社に何か恨みでもあるのかと勘繰ってしまいます。

そのメディアで紹介される『悪徳葬儀社』は、どうやら毎回高額な葬儀代金を請求し、時にお寺や病院と癒着をしていると思わせるような設定となってます。そして、善良な?葬儀社が登場し、困っているお客様に『家族葬火葬だけにしておけば安く済みますよ』とアドバイスをし、終了となります。その後、コメンテーターが『私のお葬式の時も家族葬にしたいですね』と締めくくられます。そこがまさに一般のお客様を惑わしている原因の一つです。

例えば、このコメンテーターが本当に家族だけで葬儀を済ませたら、無事葬儀は終了しますが、このコメンテーターはTVに出演するくらいですから、顔も広いでしょう。ご自宅には、たくさんの弔問客が『最後のお別れを』と言って訪れます。家族はただただ茫然となります。たくさんの弔問客はお香典を持ってやってきてくれたのに、家族葬でお葬式をしたので香典返しを用意しておらず慌てて葬儀屋さんにお電話。その後、弔問客が来る日も訪れ、遺された遺族は疲労からか体を崩され葬儀後の手続きが進まないと予想されます。

そうなんです。ご両親のお葬式の時に参列者がどのくらい集まるかを予測するのって本当に難しいのです。『家族葬って安いですよ』と言って人数の予測をしっかりしてあげない葬儀社のほうがよっぽど悪徳だと思いますね。

人数を予測するのって大変だなぁって方におススメするのは年賀状。最近書かない方も増えているようですが、お正月に届いた年賀状を見ながらご両親に『この人はどんな友達なの?』って話しかければ、親子のコミュニケーションにもなりますので、試してみてはいかがですか?

ひとつ注意として、私自身『家族葬』を否定している訳ではありませんよ。それでは。

40代が悩む親のコトを元葬儀社が見た現場事例と親孝行で未然に解決

はじめまして。

『40代が悩む親のコトを元葬儀社が見た現場事例と親孝行で未然に解決する』専門家の竹友孝行と申します。

私は、大学を卒業して16年間葬儀社に勤務しておりました。葬儀社と言えどもたくさんの仕事があり、私はありがたい事にいろいろな経験をさせてもらいました。

病院へ亡くなられた方をお迎えに行く仕事から始まります。 次にお通夜や葬儀のセッティング。 同時にお葬式の内容をご家族と決めてお見積もり。 お通夜や葬儀をどのように進めていくかを任せていただくこと、 これが主な葬儀社の仕事です。 16年間で、およそ2000件のお葬式を担当させていただきました。

私の場合、病院や老人ホームに営業に行ったり、互助会の営業として一般家庭に飛び込み 営業もした事があります。葬儀式場で会員様向けの感謝祭をプロデュースした事もございますその他、お坊さんの法話会を企画・開催したり、最近では、流行語大賞にもノミネートされ、一度は聞いた事があるのではないかと思いますが、『終活』という言葉が話題となり各所で終活セミナーが開催されておりますが、その終活セミナーやお葬式勉強会等の講師やイベント企画を経験させていただきました。

終活セミナーやお葬式勉強会等の講師の経験は、私のお葬式の仕事に対する考え方を大きく変えてくれました。私が入社したころと比べるとお葬式も大きく様変わりしており、家族だけのお葬式がほとんどで、お葬式そのものは簡素になりつつありますが、お葬式前からお葬式が終わってからも非常に長いスパンで困っている人たちが多い事に気付かされました。

葬儀の現場で困っているお客様のほとんどは、ひもといていくと未然の話し合いで解決できた事かもしれません。しかし、葬儀の話を日常でお話しする機会なんてほとんどないと思います。

もし、『親孝行』であなたの悩みが解決するのなら、親孝行してみたいと思いませんか? そのお手伝いを私ができたら嬉しいです。

これからもよろしくお願いいたします。